会社設立は士業に任せよう|法テラスで相談するのも一つの有効な手段

PC

相続で悩んでいる場合

説明

借金も相続する資産のひとつ

家族に内緒で借金をしていると、もし万が一亡くなってし待った場合に残された遺族が借金のあったこを知らず返済の困ってしまうというケースがあります。相続をするのは、土地や建物、預貯金、株券債権などいったものだけではなく借金という負債も資産のひとつですので、相続の対象となるのです。それでは、借金以外だけを相続することはできないかといううまいことはできないのが相続なのです。借金だけ相続放棄することはできませんので、相続をしましたら借金の返済は遺族が変わって返済し続けていく必要があります。ただし、闇金のような会社ではなく大手の金融業者であれば、きちんとその後の返済の相談にはのってくれますので、安心して相談することができます。

どうしても借金の返済が困難

相続すると借金の返済が困難という場合は、相続放棄ということもできます。以前であれば相続放棄をしなくても消費者団体信用生命保険にカードローンの契約は付帯されていましたので、死亡や重度障害になってしまっても保険金から残債の返済に充てることができたので家族には借金のことは知られずにすむことができたのですが、それも撤廃されることになりましたので、やはり相続となります。借金の返済を免れるには相続放棄という手段があります。相続放棄をするには家庭裁判所にて相続放棄の認可を受ける必要があり、その認可を受けた書類を金融機関に提出することで、借金返済の免除を受けることができます。ただし、他の遺産も相続できませんので理解したうえで手続きすることです。細かい手続きは、弁護士に依頼すると一手に引き受けてくれます。